埼玉 地震。 埼玉県地震被害想定調査

埼玉県の地震活動の特徴

沿岸全域にやなどの被害が出る。

19

南関東直下地震

多数 東京湾付近の地震 1697年 11月25日 東京湾付近 6. プロジェクトの研究チームが、東京湾北部を震源とする地震による揺れが従来を上回る震度7になると予想したことにより、中央防災会議はチームの最終報告に基づき首都直下地震の被害想定を見直す事にした。 2 - - - 上記余震 1923年 9月1日 丹沢付近 浅い 7. 3,842• 【鴨川低地断層帯】• 代表的なのは揺れを抑える対策です。

11

埼玉県で気をつけるべき災害とは 埼玉県の今後の地震予測と対策方法

平成25年12月中央防災会議 首都直下地震対策検討ワーキンググループ• 地震のタイプとしては(直下型地震) に限らず、(海溝型地震)、も想定される(詳細は)。 東京湾内には約5、600基あり、9割が市原市と川崎市の沿岸部に集中している。 この相模トラフの北側の幅80km - 150kmの領域をとして、(16年)の M8. 防災に対する知識・技術・行動力を楽しみながら学ぶことができる施設です。

埼玉県で気をつけるべき災害とは 埼玉県の今後の地震予測と対策方法

浅い 7以上 多数 1293年 5月27日 相模湾 浅い 7以上 NA-PHS? 9 地殻内 16 なし 1987年 12月27日 千葉県東方沖(付近) 58 km 6. 私、杉村も地域の皆様のお力添えをしていきたいと考えております。 (南関東直下地震が含まれる可能性がある)相模湾の歴史地震および17世紀以降の南関東の中規模以上の地震の震源や規模、被害、発生様式については、の文献などをもとに地震調査委員会がまとめた表があるので参照のこと。 からの電気は、軟弱地盤を通りから都心部に供給されている。

20

【埼玉県】地震の起きる沖・活断層はどこ?30年以内の発生確率や過去の地震は? │ 防災の種

死者11人、負傷者114人、住家全壊63。 地域によっては水深2メートルまで浸水する大きな被害が出ました。

埼玉県の地震活動の特徴

(2006年)• 283• 長期評価• この背景には、被害想定発表前後に日本国内外の各地で(平成16年)のや、2007年(平成19年)のなどの地震災害が相次いだことがあった。 朝日新聞デジタル• 埼玉県熊谷市で震度5の揺れを観測したほか、群馬県の前橋市、さらに栃木県や茨城県でも震度5の揺れを観測しました。 6,287• 首都直下地震防災・減災特別プロジェクト [ ] ・首都直下地震防災・減災特別プロジェクト では、を構築し東京大学地震研究所を中心に44億円を使い直下地震対策を研究している。

9

【埼玉県】地震の起きる沖・活断層はどこ?30年以内の発生確率や過去の地震は? │ 防災の種

帰宅困難者が郊外の自宅へ帰宅するために、木造住宅の多い都心周辺部を通るときに火災にはばまれてパニック状態になったり、炎に囲まれる場合が心配されている 出典• - 神奈川県中央部における内陸地殻内地震。

20