エコノミスト 表紙。 【都市伝説】エコノミスト2021の表紙がヤバすぎる!|Team YUAN|note

2021年予言的中?!エコノミスト表紙2021を考察した衝撃の結果.../

あくまで、都市伝説としてお読みください。 右一つ隣のレーンに行きます。 ところが、どう表紙を見ても2017年内の核戦争は考えにくいのです。

18

予言雑誌『エコノミスト 2020世界はこうなる』“表紙に隠れた暗号”を専門家が読み解く! ソフトバンク、G20、第三次世界大戦…

また、この回転が時系列を表していると見る人々もいるが、牽強付会な解釈の前にまずは描かれているものを素直に凝視したい。 かつては、イギリス(補助通貨)やオーストリアでお使われていたが現在は廃止されている。 次の列は、カと考えておきます。

19

予言雑誌『エコノミスト 2020世界はこうなる』“表紙に隠れた暗号”を専門家が読み解く! ソフトバンク、G20、第三次世界大戦…

どの選択肢 イラスト に止まっても碌なことにならなさそうです 汗 2020. リスクやを巡る米ロ間の緊張の高まりから、今回も困難な交渉が予想されている ・の民族同米とか民朴解放軍とされてるのは 最大の都市カラチで6月29日、が襲撃された事件をおもったのだけど は 1947年にから独立した国で、 国境をインド、中国、、イランと接し、教徒が圧倒的多数を占める ひとつの国の中に多くの民族や言語が存在し、全く特色の異なる地域が併存している 特殊な国なんだよ 日本ではあまり報道されないけど かんたんに説明すると大きくわけて バルチスタン州 人口 約9百万人 民族 バローチ族、パシュトゥーン族、ハザーラ族など 言語 バローチ語、、ブラーフイー語、ペルシア語など 特色 州名は「バローチ族の国」を意味する。

【都市伝説】エコノミスト2021の表紙がヤバすぎる!|Team YUAN|note

考えたくないですね。

12

『エコノミスト2019 』の表紙が“富士山噴火と人類奴隷化”を予言! 大麻、DNA、プーチン…25の不吉な暗示を一挙掲載!

エコノミスト誌は、金融資本家ロスチャイルド家が株主であり、日本に迫りくる危機があることを、何年も前から警告していました。

18

エコノミスト2021年の表紙は今年も匂わせがすごい(ちょっと考察あり)

その後、それに腹を立てたのか、予定されていたデンマーク訪問もキャンセルされた。 その当時は、1シリングが12ペンスだったそうだ。

6