山中 伸弥 尾身 茂。 現在、日本で進行中の新型コロナ感染対策

iPS細胞の山中教授がコロナについて専門家 尾身氏と緊急対談:Youtube動画【新型コロナウイルス】

症状の軽い人からの感染拡大 これまでは症状の軽い人からも感染する可能性があると考えられていましたが、この一両日中に北海道などのデータの分析から明らかになってきたことは、 症状の軽い人も、気がつかないうちに、感染拡大に重要な役割を果たしてしまっていると考えられることです。 そういうようなこともあり得るわけですから。 ただ、技術的にクリアしなくちゃいけない問題が多少あると思います。

4

山中伸弥教授の新型コロナ対策緊急対談

病原性:70-80歳での致死率は10%にも及ぶ。 補償により安心して休めることがすごく重要になってくる」と指摘。

2

山中伸弥教授の新型コロナ対策緊急対談

これは普通のインフルエンザとはぜんぜん違うところで、しかも入院の期間が長くなります。

14

これだけ報道されてもジム通いをする人に伝えたい、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議 副座長:尾身茂氏からのメッセージ:平凡でもフルーツでもなく、、、:オルタナティブ・ブログ

あと、先生が先ほどおっしゃったPCRのキャパシティも増えていくといいと思いますが、迅速診断キットですよね、これがあるとずいぶん違うんで、早くコマーシャルベースでできればというか、活用できるといいと思いますね。 ちなみに座長は誰かというと、国立感染症研究所長の脇田隆字氏になります。

1

[Covid

これだけ見ると「子どもは感染しないんじゃないか」と。 前回のYOSHIKIと山中教授との対談同様、かなりのボリュームとなるかと思われましたので2回に分けて進めていきたいと思います。

尾身茂氏 山中伸弥教授 コロナ対談まとめ(後編)

一方、自主検査キットの活用は急がれます。 誰も免疫を持っていない。 正しい知見に基づいた情報でなければ、それはゴミ以下の毒になりかねないことを知ってほしいと思います。

15

[Covid

高齢者で基礎疾患を持つ人はリスクが高いというのはもう皆さんご存知のことかと思いますが感染が確認されたうちの80%は軽傷、14%が重症、6%が人工心肺を使うような重篤です。 非常事態宣言の取り組みがどれだけ評価されるかはこれから。 こんにちは、今日は3月に行われていた件名にあるお二人の対談についてのまとめ記事を作成しました。

9

尾身茂氏の経歴が凄い

これが1つの考え方だと思うんですが、今回の新型コロナウイルスも、やはり目指すゴールはここでしょうか。 分からないことも多いですが、調査をすると、うつすのは5人のうち1人だということは分かっているということです。

9