ジャックス ペイメント ソリューションズ 株式 会社。 ジャックス(JACCS)カードの審査難易度とは?│クレジットカード審査基準ガイド

【活用事例】ジャックス・ペイメント・ソリューションズ株式会社がSHANON MARKETING PLATFORMを導入 投稿日時: 2020/10/27 12:00[適時開示]

前払式支払手段に関する業務• 各種ローン・リース等保証業務• 債権管理業務• これまでジャックス・グループとして長年にわたり築き上げてきた「信用」「信頼」を基盤に安心・安全な決済サービスを提供しております。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。

8

ジャックスグループのジャックス・ペイメント・ソリューションズとトランスコスモス、紀の里農業協同組合に決済機能とコールセンター注文受付、バックオフィス事務を組み合わせた「通販ソリューション」を提供

株主様への各種ご案内のため• 会社法その他の関係法令に基づく株主様の権利行使への対応および当社の義務履行のため 17• トランスコスモス株式会社は購入希望者の受注に対応するコールセンター業務を提供し、ジャックス・ペイメント・ソリューションズ株式会社は購入者のお支払い手段である後払い決済「アトディーネ」を提供することにより、紀の里農業協同組合が取り扱う高品質な商品を全国のお客様に販売することが可能となりました。

6

ゼウス、ジャックス・ペイメント・ソリューションズと決済代行会社初の提携を行い、後払い決済サービス「アトディーネ」の提供開始|株式会社ゼウス、ジャックス・ペイメント・ソリューションズ株式会社のプレスリリース

トランスコスモスは事業環境の変化に対応し、デジタル技術の活用でお客様企業の変革を支援する「Global Digital Transformation Partner」を目指しています。 株式会社ジャックス(本部:東京都渋谷区、代表取締役社長:山崎 徹)のグループ会社ジャックス・ペイメント・ソリューションズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:山本和夫)とトランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝)は共同で、紀の里農業協同組合(本所:和歌山県紀の川市、代表理事組合長:岩上昌義)の通販業務において決済から出荷指示までの一連の業務を支援する「通販ソリューション」を提供し、質の高さ、味の良さで全国的にも高い評価を得ている「あら川の桃」の通信販売でサービスを開始いたしました。

14

ジャックスグループのジャックス・ペイメント・ソリューションズとトランスコスモス、紀の里農業協同組合に決済機能とコールセンター注文受付、バックオフィス事務を組み合わせた「通販ソリューション」を提供

新商品のご案内のため• 「あなたの夢に応援歌」篇 - 出演:、、撃鉄、Kiiiiiii 他• 「通販支援ソリューション(今回の構築範囲)」 販売チャネルの構築、プロモーション、注文受付、決済機能、出荷指示、その後の問い合わせ対応までの通信販売に関する業務全般を支援するソリューションサービス。 同組合は、新型コロナウイルス感染拡大を受けて、新規でのコールセンター開設が困難な状況であったことから、JAグループの全国組織である、農林中央金庫大阪支店(大阪市中央区、支店長:福田仁)の紹介により、両社の「通販ソリューションサービス」の採用に至ったものです。 イベント、セミナー、マーケティングオートメーション、デジタルとアナログを組み合わせるデジアナマーケティングなどを実現するシャノンのマーケティング支援システムは、金融、IT・通信、製造業など業種を問わず、大規模から中規模まで多様なシーンでご利用いただいています。

11

ジャックスグループとトランスコスモス、 紀の里農業協同組合に「通販ソリューション」を提供

保険代理店業• もしも賃貸で暮らしている場合には、実家の住所(持ち家)を申告するのもありだろう。

6

ゼウス、ジャックス・ペイメント・ソリューションズと決済代行会社初の提携を行い、後払い決済サービス「アトディーネ」の提供開始|株式会社ゼウス、ジャックス・ペイメント・ソリューションズ株式会社のプレスリリース

(昭和48年)4月 - 上場。

3

ジャックス(JACCS)カードの審査難易度とは?│クレジットカード審査基準ガイド

どうしてもジャックスカード欲しければ既存のカードを解約して、与信枠を下げて再チャレンジするか。

16

ジャックスグループのジャックス・ペイメント・ソリューションズとトランスコスモス、紀の里農業協同組合に決済機能とコールセンター注文受付、バックオフィス事務を組み合わせた「通販ソリューション」を提供 投稿日時: 2020/10/30 16:48[PR TIMES]

広報活動 [ ] コマーシャル [ ]• 同社の子会社化による商品力の向上と推進体制の見直しを早期に実施することで、2014年度のペイメント分野における連結取扱高の目標を2011年度比150%とし、中期3カ年経営計画ACT11(アクトイレブン)で掲げるトップラインの反転拡大を後押ししていく方針だ。 2013年5月18日閲覧。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。