薩摩 切子 グラス。 薩摩切子(ツジガラス工芸)

薩摩切子はなぜ色で値段が違う?価格別おすすめグラス10選

薩摩切子とは?薩摩切子ならではの特徴 薩摩切子とは、幕末の頃に現在の鹿児島県である薩摩藩で生まれた伝統工芸品です。

錫の切子シリーズ|薩摩錫器工芸館

熟練の職人の技術があってこそ生み出すことができます。 4,050円 税込4,455円• 今日では鹿児島県伝統工芸品にも認定され、鹿児島が誇る銘品の一つとなっている。

17

薩摩切子

産地 [ ] 生産地は。 また違った自分を見直そうと、思ったのである。

9

薩摩切子(ツジガラス工芸)

20,000円 税込22,000円• 19,500円 税込21,450円• 江戸切子と薩摩切子は作られた地域の違いだけなのか• ある日、車を走らせ、アトリエに向かっている最中に、車フロントガラスのド真中に張り付いてきた。

3

薩摩切子はなぜ色で値段が違う?価格別おすすめグラス10選

一般庶民の自分からすると、決して安いお値段ではないので、そんなに沢山売れるのかな?と思っていましたが、店内のスタッフの話によると、どの作品も大変人気だそうで、購入者の手元に届くまで結構かかるそうです。 14,000円 税込15,400円• アンバーカラーの「薩摩ブラウン」の開発では、発色を優先するとガラスが硬く切削ができず、切削を優先すると納得のいく色が出ないなど試行錯誤の連続。 江戸切子と薩摩切子の違い 2つの切子が生まれたきっかけを見てみると、江戸切子は庶民の手によってつくられたものが始まりとされ、政府からの影響が少なく、工芸品としてずっと伝わっています。

薩摩切子(さつまきりこ)は、薩摩藩が幕末から明治初頭にかけて生産したガラス細工・カットグラス(切子)

10,000円 税込11,000円• これからも多くの方々へ、切子師の命から生まれる新しい煌めきをお届けします。 外部リンク [ ]• 100,000円 税込110,000円• 23,000円 税込25,300円• 6,800円 税込7,480円• カットの量を調節することで、色ガラス層の厚みが変わり、濃色から透明へ移り変わる独特の優美なグラデーションが表現できるのだ。 振込み先は以下の通りです。

薩摩切子が彩る豊かな生活

) 現在は現存する古い薩摩切子を忠実に再現した復元・復刻物や、その特徴を踏まえた新たなデザインや色の製品や創作品も生産・販売されている。 もちろん、天満切子が優れていて他が劣っているというわけではありません。 江戸切子と薩摩切子の違いについては、下記記事で詳しく解説しています。

9

薩摩切子(さつまきりこ)は、薩摩藩が幕末から明治初頭にかけて生産したガラス細工・カットグラス(切子)

当時の薩摩切子は現存するものは大変に少なく、現存数は200点程度と言われる。 戦後は高度経済成長による家庭の洋風化で需要が高まる一方、機械化によるカットグラスの量産も増え始め、江戸切子も影響を受け始めます。

江戸切子と薩摩切子の違いは?歴史・値段・価値についてまとめてみた!

その理由は大きく3つ挙げられます。 二色被せのグラスは、複数の色合いを同時に楽しめるだけではなく、薩摩切子ならではのグラデーションにより、幅広い色の変化を見ることができます。 関東方面から、この鹿児島市内の吉野方面のこの高台まで、 自動車や電動自転車でははく、人力の自転車でお越しになられたからです。

1