ジャッジ ドレッド。 ジャッジ・ドレッド(1995) : 作品情報

映画『ジャッジ・ドレッド』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

撮影地にはヨハネスブルグとケープタウン・フィルム・スタジオが含まれた。

ジャッジ・ドレッド (2012年の映画)とは

手掛かりを求め階を調べていくドレッドとカサンドラは、ドラッグの密売所に突入した際、このアパートを支配するギャングのボス・ママ(レナ・ヘディ)の腹心であるケイ(ウッド・ハリス)を捕える。

ジャッジ・ドレッド(1995) : 作品情報

もはや崩壊寸前となっているこの都市の治安を維持しているのは、警察と司法の機能を併せ持つ裁判所であり、そこに所属する通称"ジャッジ"と呼ばれる裁判官達である。

『ジャッジ・ドレッド』(1995年) あらすじ&ネタバレ シルヴェスター・スタローン主演

ドレッドは実はクローン人間であり、リコはその兄弟であった。 登場メカ [ ] 処刑銃(ロウギバー・ハンドガン) ジャッジが使う銃。 たぶん『ジャッジ・ドレッド』にも触発されてたんじゃないかな。

カール・アーバン、『デッドプール』観て『ジャッジ・ドレッド』に似ていると感じていた ─ 「特にオープニング」

詳細はを参照。 北米での興行は公開から42日後の2012年11月1日に終了した。 あらすじだけを見るとただのアクション映画なのに、実際の映画はそれを越えるものに見せているのです。

14

ジャッジ・ドレッド

無駄を削りすぎて『ザ・レイド』とまったく同じ話になってしまったのはご愛嬌ですが、アクション映画のアプローチとしてはこれが正解。

15

映画『ジャッジ・ドレッド (2012年)』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

2012年8月31日閲覧。

20