Sudo 脆弱 性。 sudoの脆弱性 Baron Samedit(CVE

sudoに10年以上前から存在した特権昇格の脆弱性が修正される

本連載「」では、さまざまなオープンソースソフトウェア(OSS)の脆弱(ぜいじゃく)性に関する情報を取り上げ、解説しています。 1.概要 2021年1月26日(現地時間)、sudoにおけるヒープベースのバッファオーバーフローの 脆弱性(CVE-2021-3156)に関する情報が公開されました。

2

「sudo」コマンドに管理者権限奪取される脆弱性、利用者は至急更新を

詳細 パッケージ sudo には、ヒープベースのバッファオーバーフローが存在するため、 "sudoedit -s" と バックスラッシュ文字で終端するコマンドライン引数を通じて ローカルユーザーへ root権限への昇格を許可してしまいます。 This results in sudo log entries that report the command as being run by user ID 4294967295 and not root or user ID 0. 具体的には, パスワードや生体認証等で正当性を確認します。

17

「sudo」コマンドに管理者権限奪取される脆弱性、利用者は至急更新を

さらなる詳細は下記の確認方法の2番目の実行例を参照してください 本脆弱性は、リモートからの攻撃が可能な脆弱性ではありません。 3.対策 各ディストリビュータより、本脆弱性を修正したバージョンが公開されています。

7

sudoコマンド脆弱性に関する注意喚起(CVE

これらは私がわざとミスしたものなのでログに残っていますが, 実際は1つもログが出ない可能性も十分にあり得ます。 可能な限り、早急にパッケージをアップデートすることをお勧めします。

13

sudoに10年以上前から存在した特権昇格の脆弱性が修正される

CVE-2021-3156 の脆弱性が修正されたバージョン• CentOS 6に関しての情報は、続報が入り次第更新します。 26で導入された変更により、実際に悪用可能なのはsudo 1. そのため, 今回の事例のようにrootで実行できないコマンドをsudoersに設定することはまず無いと考えています。

16

2月アップデートのmacOS、sudoの脆弱性は残ったまま

誤りがある場合はご指摘いただければ幸いです。

16

2月アップデートのmacOS、sudoの脆弱性は残ったまま(2021年2月4日)|BIGLOBEニュース

同様に, 今回の脆弱性であるCVE-2019-14287で紹介されているコマンドは, 以下のようにパースされて実行されます。 仮にアプリケーション側で認証を実装した場合, アプリケーションごとに独自の規格を利用したり脆弱性が出た場合に各自で修正したりする必要があるため, メリットとしては十分だと私は考えています。 以下のログは先ほど行ったコマンド部分の抜粋です。

5

sudoの脆弱性(CVE

同様に, 今回の脆弱性であるCVE-2019-14287で紹介されているコマンドは, 以下のようにパースされて実行されます。 JPCERTコーディネーションセンターは2021年1月27日、Linuxを含む多くのUNIXで広く使われているコマンド「sudo」に脆弱性「CVE-2021-3156」が公開されたと発表した。

sudoの脆弱性(CVE

この場合, 悪意のある人間がどのような経路で感染させたのかを調査する必要があります。 このモジュールは, 認証に使用する情報 一般にはパスワード を変更する役割を担っています。 概要はに書かれていました。

10