アルマイト 加工。 アルマイト処理について解説!アルマイト処理のメリットについても解説!

アルミニウムを鉄よりも硬くすることができるアルマイト加工とは

寸法ムラ。

1

一番わかりやすい「アルマイトとは」

例えばトリプルクランプ。 凡例) Aとくに優れている/B優れている/C可能/D困難 JIS記号 アルマイト処理の目的 耐蝕性 染色性 耐摩耗性 A1080 A A A A1050 A A A A1100 A A A A2011 C C C A2017 C C C A2024 C C C A3003 A B A A3004 A B A A4043 B B B A5005 A A A A5052 A A A A5056 A A A A5083 A A A 5N01 A A A A6061 A A A A6063 A A A 6N01 A A A A7075 B B B 7N01 B B D AC1B C C C AC2A C D C AC3A B D D AC4B C D C AC4C B D C AC7A A A A AC8A C D C AC9A C D C ADC1 C D C ADC3 B D B ADC5 A A A ADC6 A B A ADC10 C D C ADC12 C D C• 膜厚特性 通常のめっきの場合には、製品の上に異種金属の膜が重なりめっき層を形成しています。 その翌年以降、弁当箱、鍋(なべ)などのアルマイト製品が次々と発売されるようになります。

10

アルマイト加工

アルマイト加工を施すことで化学的に安定するため耐腐食性が向上します。 アルマイト皮膜は、アルカリ性に弱いのでその環境下では使用する事が出来ません。 めっきの場合は、製品側をマイナスにします。

19

アルマイトとは

難アルマイト素材と言われていた超ジュラルミンやダイキャストのアルマイト処理も、メーカーによりますが、現在では問題なく行えるようになっています。

9

アルマイト加工した製品にキズをつけてしまいました。再加工できますか!?

それにより、アルミニウムの用途は、機械部品などにも拡大しています。

2

アルミニウムを鉄よりも硬くすることができるアルマイト加工とは

電解液の成分とアルミが化学反応したものがアルマイト まず最初にアルミ製品を希硫酸・シュウ酸といった電解液につけます。 参考文献• トイレ・浴室用などを使うと、洗浄力が強すぎたり酸性・アルカリ性が影響したりしてアルマイト加工にダメージを与えてしまう可能性があります。