租税 特別 措置 法。 租税特別措置法施行規則

第41条((住宅借入金等を有する場合の所得税額の特別控除))関係|国税庁

33の4-2の4• 十三 分社型分割 法人税法第二条第十二号の十に規定する分社型分割をいう。 33-44• 41の5の2-5• 項 目 概要 1063KB 詳解 平成30年度税制改正について 主税局総務課課長補佐 寺﨑 寛之 - 347KB 所得税法等の改正 主税局税制第一課課長補佐 田名後正範 〃 伊藤 昌広 〃 川上 文吾 〃 市田 圭佑 〃 篠田 和哉 〃 西畠万季人 1,012KB 租税特別措置法等(所得税関係)の改正 主税局税制第一課課長補佐 田名後正範 〃 伊藤 昌広 〃 川上 文吾 〃 市田 圭佑 〃 篠田 和哉 〃 西畠万季人 1,883KB 法人税法等の改正 主税局税制第三課課長補佐 藤田 泰弘 〃 小竹 義範 〃 髙橋 龍太 〃 鎌田 絢子 〃 石田 良 1,545KB 租税特別措置法等(法人税関係)の改正 主税局税制第三課課長補佐 藤田 泰弘 〃 笠原 博之 〃 髙橋 龍太 〃 鎌田 絢子 〃 石田 良 2,372KB 相続税法の改正 主税局税制第一課主税調査官 峪 和生 主税局税制第一課課長補佐 坂井 裕幸 〃 乾 慶一郎 728KB 租税特別措置法(相続税・贈与税関係)の改正 主税局税制第一課主税調査官 峪 和生 主税局税制第一課課長補佐 坂井 裕幸 〃 乾 慶一郎 1,625KB 租税特別措置法等(登録免許税関係)の改正 主税局税制第一課主税調査官 峪 和生 主税局税制第一課課長補佐 坂井 裕幸 〃 乾 慶一郎 391KB 国際課税関係の改正 主税局参事官補佐 齊藤 郁夫 〃 山田 博志 〃 山田 尚功 〃 水野 雅 〃 田畑 仁 〃 今井 誠 〃 石井 勇司 4,586KB 租税条約等の締結・改正 主税局参事官補佐 中澤 弘治 1,083KB 消費税法等の改正 主税局税制第二課課長補佐 馬場 啓明 〃 加藤 博之 〃 大西 佑作 〃 中島 正之 〃 安掛 真一 1,145KB たばこ税法の改正 主税局税制第二課主税調査官 堀内誠一郎 主税局税制第二課課長補佐 馬場 啓明 734KB 国際観光旅客税の創設 主税局税制第二課課長補佐 宮地 孝一 〃 伊藤 孝一 2,069KB 租税特別措置法等(間接税等関係)の改正 主税局税制第二課主税調査官 堀内誠一郎 主税局税制第二課課長補佐 宮地 孝一 〃 伊藤 孝一 630KB 電子申告・国税通則・国税徴収等関係の改正 主税局税制第一課課長補佐 門脇 瞬有 〃 藤﨑 直樹 〃 粂野 侑大 1,386KB 地方税法等の改正 主税局総務課課長補佐 寺﨑 寛之 3,121KB 平成30年度の租税及び印紙収入予算等について 主税局総務課課長補佐 高橋 実枝 - 557KB. 39-2• 第六節 資産の譲渡の場合の課税の特例• (昭61直所3-18、直法6-11、直資3-6追加、平6課所4-3、平11課所4-11、課法8-8、課評2-10、平15課個2-7、課審3-7、平21課個2-12、課資3-3、課審4-27、平22課個2-18、課審4-32、平23課個2-35、課審4-47、平25課個2-18、課審5-34、平28課個2-24、課審5-19、令元課個2-24、課法11-4、課審5-13改正) (区分所有する部分の床面積) 41-11 措置法令第26条第1項第2号及び第29項第3号ロに規定する「その者の区分所有する部分の床面積」とは、建物の区分所有等に関する法律(昭和37年法律第69号)第2条第3項に規定する専有部分の床面積をいうのであるが、当該床面積は、登記簿上表示される壁その他の区画の内側線で囲まれた部分の水平投影面積による。 工場用建物及びその附属設備• 35-4• (参考:税率) 1 住宅用家屋の所有権の保存の登記 10000分の15 2 住宅用家屋の所有権の移転の登記 1000分の3 3 住宅取得資金の貸付け等に係る抵当権の設定の登記 1000分の1 参考リンク:. (平成二十九年財務省令第五十一号)• 33の4-3の3• (2) その家屋を居住の用に供した日(以下この項において「居住日」という。

14

第41条((住宅借入金等を有する場合の所得税額の特別控除))関係|国税庁

十 確定申告書 所得税法第二条第一項第三十七号に規定する確定申告書をいう。 以下この項において同じ。 中小企業投資促進税制 一定の機械装置等を導入したとき、30%の特別償却または7%の税額控除の選択適用ができるようになります。

9

平成31年4月1日以降の登録免許税に関するお知らせ:法務局

国税関係法令に係る行政手続等における情報通信の技術の利用に関する省令等の一部を改正する省令• 一 国内又は国外 それぞれ法人税法第二条第一号又は第二号に規定する国内又は国外をいう。 33-33• 遅くてお恥ずかしいのですが、私は3年目ぐらいから意識して条文を読むようになりました。 (令和元年財務省令第十三号)• 35-13• )を、同法第二条第二号に規定する賃金の支払者(所得税法第百九十四条第七項に規定する給与所得者の扶養控除等申告書の提出の際に経由した支払者に限る。

相続登記の登録免許税の免税措置について:法務局

31の2-18• 34の2-20• 33の4-1の2• 同法10条2項及び13条は、次のいずれかに該当する著作物は著作権の目的とならない旨定めています。 )を有する場合には、当該従前の宅地は、当該家屋の敷地の用に供されているものとして取り扱う。 )により土地の所有権を取得した場合において、当該個人が当該相続による当該土地の所有権の移転の登記を受ける前に死亡したときは、平成30年4月1日から平成33年3月31日までの間に当該個人を当該土地の所有権の登記名義人とするために受ける登記については、登録免許税を課さない。

措置法第35条《居住用財産の譲渡所得の特別控除》関係|国税庁

36の3-1• 35-10• 33-38の2• 33の4-8 措置法第33条の5《収用交換等に伴い代替資産を取得した場合の更正の請求、修正申告等》関係• 環境関連投資促進税制の税額控除 エネルギー環境負荷低減推進設備等を導入した場合、取得価額の30%の特別償却または7%の税額控除の選択適用ができるようになります。 (平成29年6月1日(基準日)現在のデータ)• 37の5-2の2• 八 配当所得の金額、不動産所得の金額、事業所得の金額、給与所得の金額、山林所得の金額、譲渡所得の金額又は雑所得の金額 それぞれ所得税法第二編第二章第二節第一款に規定する配当所得の金額、不動産所得の金額、事業所得の金額、給与所得の金額、山林所得の金額、譲渡所得の金額又は雑所得の金額をいう。

相続登記の登録免許税の免税措置について:法務局

以下この項において同じ。 37-13• (平11課所4-11、課法8-8、課評2-10追加、平15課個2-7、課審3-7、平19課個2-13、課資3-3、課法9-7、課審4-28、平21課個2-12、課資3-3、課審4-27、平22課個2-18、課審4-32、平23課個2-35、課審4-47、平25課個2-18、課審5-34、平28課個2-24、課審5-19、令元課個2-24、課法11-4、課審5-13改正)• 37-11の7• お急ぎの場合は,速達料金を追加してください。

7